禁煙外来

禁煙外来とは

喫煙をやめたい方を支援するための外来です。ニコチン依存症は病気の一種です。お薬を使いながら上手に無理なく治していきましょう。
受診時の要件によって、保険適用か自費診療のいずれかになります。

禁煙治療を保険診療で受けるためには

以下の要件をすべて満たす場合は、保険適用の診療となります。

  • 患者様自らが禁煙を望むこと
  • ニコチン依存症診断用のスクリーニングテストで5点以上
  • 喫煙年数×1日の喫煙本数が200本以上
  • 治療方法に関しての文章を読み、治療に関する承諾書を記述すること

上記の要件を満たさない方の禁煙治療は自費診療となります。
また、1年以内に保険適用の禁煙治療を受けた患者様は適用外となります。
初回の禁煙外来の受診後に適応を判断しますので、初回の受診が自費診療になる場合があります。

ニコチン依存症診断用のスクリーニングテスト(TDS)です。
ご自身でチェックしてみてください。

問1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くたばこを吸ってしまうことがありましたか。
問2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
問3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、たばこがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
問4. 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
問5. 問4でうかがった症状を消すために、またたばこを吸い始めることがありましたか。
問6. 重い病気にかかったときに、たばこはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
問7. たばこのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
問8. たばこのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
問9. 自分はたばこに依存していると感じることがありましたか。
問10. たばこが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。
合計

診療内容

12週間を治療期間として、その間に5回の診療を受けていただきます。
禁煙補助薬は、内服薬(チャンピックス®)、ニコチンパッチ(ニコチネルTTS®)の2種類があります。

内服薬(チャンピックス®)
  • ニコチンを含まない飲み薬です。
  • 禁煙時の離脱症状だけでなく喫煙による満足感も抑制します。
  • 禁煙を開始する1週間前から飲み始め、12週間服用します。
  • 約19,000円(3割負担)
ニコチンパッチ(ニコチネルTTS®)
  • ニコチンを皮膚から吸収させる貼り薬です。
  • 毎日1枚皮膚に貼り、離脱症状を抑制します。
  • 禁煙開始日から使用し、徐々に小さいものに替えていきます。
  • 約13,000円(3割負担)

(ご参考) 製薬会社のホームページ お医者さんと禁煙(ファイザー製薬)

外来の受付

外来日(完全予約制)

月曜日(午前中)・木曜日(午前中)

ご予約の手順

禁煙外来は、全て予約制です。
ご予約は、全5回分をまとめてお取りいただきます。

初診のご予約
03-3639-5501
平日
8時30分~16時00分
再診のご予約
ご予約の変更
03-3639-5489
平日
【午前】 8時30分~12時00分
【午後】 13時00分~16時30分

他の診療科について

ご来院の皆さまへ

受診予約のご案内

初診
03-3639-5501
(平日)830分~16
再診・変更
03-3639-5489
(平日) 830分~12時、
   13時~1630

研究所代表電話

03-3639-5501

受診予約のご案内

初診
03-3639-5501
(平日)830分~16
再診・変更
03-3639-5489
(平日) 830分~12時、
   13時~1630

研究所代表電話

03-3639-5501
TOP PAGE